新しい観光−オルタナティブツーリズム

 各地の観光を地域交流と新しい観光(オルタナティブツーリズム)を目指して、各地のまちづくり、経済活性化や市民参加の活動と連携・協働して行うような新しい観光の可能性を追求しています。

1.新しい観光(オルタナティブツーリズム)とは

 1)エコツーリズム  −環境に配慮した観光   
   エコミュージアム −環境を保全しながら地域丸ごと博物館とするもの

 2)グリーンツーリズム−農村おける農村資源を活用した観光  

 3)歴史的景観観光  −まちの発見と保存による風格ある町並みづくりと観光

 4)産業遺産ツーリズム−産業遺産の保存と活用を行うもの
   (テクノヘリテージツーリズム)


2.
新しい観光(オルタナティブツーリズム)の展開

 1)エコツーリズム・グリーンツーリズム

 歴史や由緒ある自然豊かな地域が多くあり、まちづくりの観点からも自然と歴史・文化の活用が言われており、「エコツーリズム・グリーンツーリズム」は各地で展開できます。

 2)エコミュージアム

  豊かな自然の中に自然施設が整っている地域が多くあります。また、まちづくりの観点からも自然と歴史的景観の保存活用が言われており、自然の中の「エコミュージアム的展開」は各地で展開できます。

 3)歴史的景観観光

  「歴史的景観観光」というと古都を思い浮かべますが、各地には数多くの歴史や由緒ある歴史的景観のある地域が多くあります。また、まちづくりの観点からも歴史的景観の保存活用が言われており、「歴史的景観観光」は各地で展開できます。  

 4)産業遺産ツーリズム (テクノヘリテージ産業遺産ツーリズム)

  「テクノヘリテージ(産業遺産)ツーリズム」はまだあまりありませんが、県内各地には数多くの歴史や由緒ある歴史的景観のある地域が多くあります。また、まちづくりの観点からも各種産業が衰退した地域の歴史や産業遺産の保存活用が言われており、「テクノヘリテージ(産業遺産)ツーリズム」は各地の共通各地で展開できます。  


3.
新しい観光(オルタナティブツーリズム)への取り組み

 従来「観光・観光開発というと一部の業者が勝手に行ったり、ひどい例では行政と結託して自然破壊や景観を損ねることではないか。そういうことなら断固反対である」というような意見もありました。  
  しかし、ここでは新しい観光を市民(県民)参加の活動と連携・協働して行うようなことで提案し、従来の観光開発とは反対の方向で進めることが大事です。
  しかし、留意しなくてはならないのは「観光開発」や「安易なまちづくりと観光」といったものはもちろん、「参加型オルタナティブツーリズム」とまちづくりとの協働関係であっても観光開発の轍を踏まないように気を付けていかなければなりません。

 こうした新しい視点に立った展開を行っていく上で「情報」の役割がきわめて重要です。情報発信、情報交流、有効・必要情報の取得と活用など戦略を考える上で、あるいは展開 をしていく上では必要不可欠のものです。
 地域情報研究所ではこれからの地域産業の再生、活性化に向けた取り組みを、「情報プラッ トフォーム」という情報支援・サポートの仕組みの中で行っています。


4.新しい観光(オルタナティブツーリズムの展開

 1)エコツーリズム・ エコミュージアム・グリーンツーリズム
  地域間流通情報交流プラットフォームと関連で推進していきます。
  
 2)歴史的景観観光、産業遺産ツーリズム
  ミューズネット、地域間流通情報交流プラットフォームと関連で推進していきます。

 3)新しい都市観光
  まちなか観光(インバウンド)ウォーギングや自転車を活用した観光を推進します。



アイランドツーリズム

アイランド・ツーリズムを進めるために

 大小約3,000とも言われる日本の島々。その島々の多くが産業や観光の不振、過疎化などに悩み、また、今後市町村合併など新たな課題を背負っていくことになります。 こうした様々な課題に対応し、島々の自立と再生を図るための一方向として、地域情報研究所では「アイランド・ツーリズム」を提唱しています。  




まちづくり観光機構


 まちづくりと観光を両立すべく設立されたNPO法人たです。
 「自分たちの生活地域の魅力を再発見し、その魅力を生かした方法で文化・経済の発展に貢献し、地域の活性化を図ること(まちづくり)、そしてそれを地域の住民にも訪れて来た人々にもおすそわけすること(観光)、スタートは吉祥寺を中心とする武蔵野地域ではありますが、この動きを日本全国に伝える役割を負えるように、目指すは全国200拠点という思いをこめて(機構)、「まちづくり観光機構」といった名前になりました。」
 


観光とユニバーサルデザイン


ユニバーサルデザインで観光を進めるために

 観光客にやさしいユニバーサルデザインをテーマに去年にひき続き埼玉県の「ユニバーサルデザイン・岡目八目隊」により調査が行われます。
 ここでいうユニバーサルデザインとは、高齢化社会を迎えて身体の不自由を来たす人が増える中、できる限り全ての人が利用可能となるよう、製品、建物、環境をデザインすること。多様な立場の人々が快適な観光ができる環境を整備するために行われる。