地域通貨情報プラットフォーム・地域通貨情報流通プラットフォーム

  地域通貨を使った地産地消・流通などを行っています。

 地域通貨をすすめていく上で、戦略とそれに基づいた展開が必要です。
 特にこれからは地域通貨会員だてげなく、地域、各種団体等との連携等による共創など新たな視点による新しい展開が求められるでしょう。
  さらに「地域通貨」におけるITC(IT)の積極的・有効的活用導入など新しい試みも行われています。
 こうした新しい視点に立った展開を行っていく上で「情報」の役割がきわめて重要です。情報発信、情報交流、有効・必要情報の取得と活用など戦略を考える上で、あるいは展開 をしていく上では必要不可欠のものです。
 地域情報研究所ではこれからの地域通貨展開に向けた取り組みを、「情報プラッ トフォーム」という情報支援・サポートの仕組みの中で行っています。

       

 これは具体的には各地域通貨のe決済システム「CCSP」やeコミュニティウェア「コメット」という情報支援・サポートの仕組を活用する地域通貨情報流通プラットフォームと、それらをネットワークするためのネットワークシステムである地域通貨情報プラットフォームです。



 この 「情報プラッ トフォーム」とは具体的には「地域通貨」のe決済システム「CCSP」やeコミュニティウェア「コメット」という情報支援・サポートの仕組を活用することを指しています。
 ご関心のある方はご連絡下さい。

  ご関心のある方はご連絡下さい。