1.e-tiiki.netプロジェクト

 「e-tiiki」とは「いい地域」であるとともに「情報を活用してつくられる地域」でもあります。「情報を活用していい地域をつくる」、これが地域情報研究所のテーマであり、活動です。
 「e-tiiki」を実現していくためには、コンセプトが必要です。地域情報研究所では「e-tiiki」を「にぎわい」と「おうらい」の創造という観点から実現していこうと考えています。
 「e-tiiki.net」は地域の「にぎわいとおうらい」を実現するための地域情報研究所の活動を提示するもので、また、地域の人や団体、アクセスしていただいた方々との交流のためのネットワークです。


 にぎわい Nigiwai  経済活性化 地域交流と活性化
 主に経済活性化の観点からのアクションプラン・自主調査研究のモデルです。「にぎわい」創出を実現するためには目的(方向性)とそれに応じたステップが必要です。
 また、地域交流や交通体系、情報化など様々な要素を考えていく必要があります。地域情報研究所では、これら 「にぎわい」創出のための要因分析や方向性づくり、実践をテーマとしています。
     
 おうらい Ourai    社会活性化 地域情報化
 主に社会活性化の観点からのアクションプラン・自主調査研究のモデルです。人と人とのつながりを広く、深くつ なげていく必要があるという観点からキーワードとして「おうらい」を設定しました。
  「おうらい」創出のためには地域交流、人的交流、情報交流等「交流」が重要な役割を果たします。地域情報研究所では、これら「おうらい」創出のための要因分析や方向性づくり、実践をテーマとしています。
 
2.e-tiiki.netの重点プロジェクト

 このようなモデルにもとづくアクションプランの中から地域情報研究所が重点的に実施していくテーマをネット、文化、情報の各分野で設定しています。
 
   
   活性化のための地域の情報や人材などの多様なネットワークづくり
    情報サイト  いくつかの企業と構想中 
    産業情報   いくつかの団体と構想中    
    農業情報   いくつかの団体と構想中    
    伝統工芸   いくつかの団体と構想中      
  
  
   文化発展・再生と地域交流のためのネットワークづくり
    アート     いくつかの団体と構想中    
    伝統工芸   いくつかの団体と構想中 
 
  
   地域の情報を提供するネットワークづくり