新しい民学協働 -コミュニティ・サービス・ラーニング(Community Service Learning)を超えて

 地域で、地域のことを学んで、地域に還元できる知識があれば、それを提供していく、そして、共につくりあげていくことが必要です。
  まず、現在の大学・高等教育機関も学内で研究や教育が完結している訳ではなく、学外では「広く専門機関としての提言・支援」「政策提言」、「産学協同」「民学協同」のプロジェクトや「市民への公開講座」など、「研究」や「教育」以外でも社会で大きな役割を果たしています。
 しかし、大学・高等教育機関の上記の学外の活動以外は「研究」や「調査」を主な目的として地域と接することが多いです。
 また、まちづくり・地域づくり、NGO・NPOや市民活動との「地域での民学協働」も数多く行われていますが、現状は研究室単位の活動である場合が多いです。
  それをさらに進めて大学の授業(演習)の中で市民に具体的な提案をする試みはこれからの大学のあり方としても重要なもので、「地域での民学協働」の具体例となるのではないでしょうか。
 また、地域やNGO・NPO・市民活動の側も学生を単なるお手伝いとしてではなく、インターン・パートーナーとして迎え入れる体制づくりを考えなくてはならないのではないでしょうか。
 そして、 地域の学び、つまり、これからの新しい時代に対応した「学ぶ」「研究する」「活用する」場としての「ユビキタスコミュニティカレッジ」などとの連携が必要だと思われます。



   フィールドスタディーズ EPちゃん(EPAU Channel)

 現状の大学教育の中に、そして、それを超えた「地域での民学協働」の具体例として「フィールドスタディーズ」EPちゃん(EPAU Channel)があります。
 この「フィールドスタディーズ」EPちゃん(EPAU Channel)は麻布大学環境政策学科の学生と教員村山文世氏の実践から生まれたもので、
地域情報研究所ではこの「フィールドスタディーズ」EPちゃん(EPAU Channel)と協働し共に推進しています。

  「フィールドスタディーズ」の詳細は別のページに記載されていますが、上記ものに下記のような項目があります。

   
    インターンシップ   新しい社会を築くNPOインターンシップ  
    「フィールドスタディー」 新しい社会を築くNPOインターンシップ  
    高大連携        
    総合的学習        
    社会教育 講師は大学生 子供と大人が共に学ぶ公民館    
    学内での市民活動論    
    学内の環境活動 エコロジー学園祭  
    市民参加型市民講座 市民と大学がつくる市民大学講座  

    まちづくりへの参加

ふちのべ塾 まちづくりを支える市民の活動「まちづくり塾」
    地域イベントへの専門分野での参加 EPちゃん(EPAU Channel)  
    地域、NPOとの協働事業   地域、NPOとの協働事業 河川環境セミナー 相模川を見直そう!親子体験教室
    全国的な発表 エコプロダクツ  こどもと学生がつくるエコプロダクツ  エコプロダクツ2003
    全国的な発表 学生環境活動コンテスト  全国大学生環境活動コンテスト  準グランプリ
     





 
  フィールドスタディーズ  地域のアートサポート

 現状の専門教育の中に、そして、それを超えた「地域での民学協働」の具体例として「フィールドスタディーズ」地域のアートサポート があります。
  「フィールドスタディーズ」地域のアートサポートは創形美術学校の藤山校長と学生がアートサポーターとしての活動、絵画造形教室へのポランティア体験、子供美術に関わっている方との出会いで進めているものです。

  「フィールドスタディーズ」地域のアートサポートの詳細は別のページに記載されていますが、上記ものに下記のような項目があります。

   
    地域の小学校へのアートサポーター    
    絵画造形教室へのポランティア体験    

    こども美術フィールド・ワーク研究会

   
    地域の展覧会サポート    
    新プロジェクト    
       
     




 
  フィールドスタディーズ  市民と大学、市民組織の協働研究

 現状の専門教育の中に、そして、それを超えた「地域での民学協働」の具体例として「フィールドスタディーズ」市民と大学、市民組織の協働研究 があります。
 「フィールドスタディーズ」市民と大学、市民組織の協働研究はまた、まちづくりや市民活動では、参加者が、そのテーマの当事者になってもらい、さまざまなことを共有していきながら、調査対象と研究者の関係を超えていくことが必要となっています