まちづくリ、コミュニティづくり

 まちづくリ、コミュニティづくりにはいろいろな課題や方法があります。地域情報研究所は地域情報化、地域通貨、 地域相互学習で子供と若者が進めて大人も元気になるまちづくりのためにサポートをします。また、そのためのサボートプログラムも用意しています。 

1.情報・知力のまちづくリ、コミュニティづくり

 地域には資金も資源も人材ももうないから地域の活性化はできないという声をよく耳にします。株券に費やすのではないお金や地域通貨、利益中心の社会の中では価値がないとされてきたモノ、そして、従来の経済や極端な効率中心的な社会の中では発揮し得なかった人の力が知域力が地域には豊かにあります。
  この情報・知域力とまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
  
 
2.コミュニティ商業のまちづくリ、コミュニティづくり

 モーターリゼーションの進展により地域の生活や商業の中心が郊外や郊外型大型店舗へと移行して、中心市街地や中心部の商業が衰退しており、いろいろな意味で生活に身近な範囲にある商店街・商店やスーパーは安心して暮らせる必要条件です。また、高齢化社会の進行により小さな街ばかりでなく、大都市圏でもこの「コミュニティ型商業」の維持・育成は急務となっています。
 このコミュニティ型商と業まちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
  
 
3.環境のまちづくリ、コミュニティづくり

 高度な産業社会化の進展は地域の生活は自然と遊離し、環境の悪化を招きました。いろいろな意味で環境の問題は安心して暮らせる必要条件です。そして、持続的な環境共生は急務となっています。
 この環境とまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
  
 
4.アート、文学、音楽、演劇のまちづくリ、コミュニティづくり

 地域の生活にとって、アート、文学や音楽、演劇などは重要なものです。アートや音楽、演劇も地域を意識してその活動をしています。しかし、まだ両者が相互にうまく関係を結ぶことができていないところも多くみられます。また、エコミュージアムやアートセンターとも連携を図れるかも検討しています。
 アート・音楽、演劇とまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
  
 
5.文化、教育のまちづくリ、コミュニティづくり

 地域で、地域や地域文化のことを学んで、地域に還元できる知識があれば、それを教育として提供するというも のです。 知の集積と循環の試みで、地域で総合的学習、生涯教育で得られた成果物や知を地域でまわしていくという知の循環の試みです。
  文化、教育とまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
 

6.コミュニティビジネス・sohoのまちづくリ、コミュニティづくり

 経済が衰退しており、いろいろな意味で生活に影響をしています。そのために地域で新しい仕事の創出が必要です。
 一般に、ビジネスは『利益を上げるための事業』のことですが、『コミュニティ・ビジネス』は『地域で地域のために継続的にものごとを行うための方法』であり、マネジメントというのは『利益を上げるための効率的な仕事』のことばかりでなくではなく、『きちんとものごとを運営するやり方』で地域での仕事の創出にはこれが必要です。  
 コミュニティビジネス・sohoとまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。

                                         
  
 
7.子供と若者が進めるまちづくリ、コミュニティづくり

 地域で、子供たちは教えられる、育てられるだけの存在ではなく、子供たちから学ぶことがまちづくりとして重要です。また、若者を手伝いとして使うような事ではなく、次代を築き、担うパートナーとして扱うまちづくりが今必要とされています。
  子供と若者が進めるまちづくリ、コミュニティづくりのサポートを行います。
                                         
 

8.コミュニティ交流のまちづくリ、コミュニティづくり

 
まちづくりにおいて交流は重要な要素です。また、その交流の拠点の必要性も高いのですが、細かな対応ががなければ交流はなりたちません。
 このような細かな対応を行うためのサポートを行います。