ここでは大量生産・大量消費の産業構造から転換した伝統品、産品の川上から川下までのプロセスのサボート・コーディネートがテーマです。


伝統産業育成
新商品開発
技術・異業種交流
伝統産業と地域産業の融合
生販連携
流通改善・物流改善
販路開拓
マーケッティング
               
     
 伝統産業
       
 
 伝統によって培われた技の世界。この確かな技を再認識するとともに、次世代に引 き継いでいくためにも商品、人材などのニーズのマッチングや販路開拓、PR、交 流、産業との融合化など川上から川下までの新たな視点、多様な視点からの活性化戦略が必要となっています。
   
                 
        ・伝統工芸支援      ・流通支援     ・地域計画支援
        ・サービス業支援     ・起業支援    ・労働活動支援
 
   
 
                 
地域産業
流 通

 経済環境や産業構造などの変化により、多くの地域産業が苦境に立たされています。これまでの硬直的な産業構造やから脱却し、新しい産業の育成や既存集積の再活性化、人材のマッチングなど新たな視点、多様な視点からの活性化戦略が必要となります。

 生産から消費者やエンドユーザーまでの財やサービスの円滑な流れを図るのが流通の役割であるとするならば、多様なマーケティング的視点に立った新たな流通のあり方が求められる時代となっています。

                 
    ・流通支援     ・サービス業支援    ・起業支援       ・流通支援        ・サービス業支援

    ・労働活動支援  ・ソフト産業支援

      ・起業支援        ・労働活動支援
         
       
       
                 
   
技業情報支援システム
     
 


  伝統産業、地域産業や流通の活性化を図るためには、川上から川下相互間はもちろ ん、消費者や他業界なども取り込んだ情報・システム支援の必要があります。