ここでは人に知識を教えるといった一方的に情報伝達ではなく、内発的な知恵を相互学習によって作り上げ、共有するものとしての研究−学習へのサボート・コーディネートがテーマです。


       
       
 
 生涯学習の時代に入り、個人の教養をたかめることも重要ですが、地域活性化、地域づくりのための学習も必要です。郷土史の研究も重要ですが、地域の生きた歴史の掘り起こし、環境の調査などにより生活をよりよくするための研究も必要です。
 このような学習や研究は人に知識を教えるといった一方的に情報伝達ではなく、また研究のための研究に陥らないように、相互に内発的な知恵をどのようにつくって共有していくかという課題があります。
 
   
 ・地域計画支援 ・地域コミュニティ活動支援
 ・学習・研究支援 ・文化活動支援
 
   
 

 資格の取得のような学習を除けば、学習に唯一の回答はなく相互に教え合うものです。また、学ぶものも書物や論文などの文献からのみでなく実体験や現場からの学ぶことが重要です。


 専門家のもつ専門的な知識と市民研究者の現場で培われて検証された内発的な知恵を相互に交流させることで、双方に専門知と非専門家的専門知を融合させることが重要です。


    ・地域計画支援    ・地域コミュニティ活動支援     ・地域計画支援    ・地域コミュニティ活動支援

    ・学習・研究支援    ・文化活動支援

    ・学習・研究支援    ・文化活動支援

         
       
       
 
 相互学習・相互研究を進めていくためには、知識や意識の共有や相互理解、情報発信などのための情報・システム支援の必要があります。