提言・レポート

 ARIAS地域情報研究所はいろいろな提言をしています。
 不充分な所もあるとは思いますが、皆様の何かの参考になれば幸いです。  
 

 
 ARIAS REPORT

ARIAS REPORT「地域情報研究所レポート」 を発行の予定です。 
 
  特産品開発にみる継続性

 地域活性化事業や地域づくり事業において、最も大事なことは事業の継続性であるといわれている。各地においてこれまで様々な事業が行われてきたが、そのうちどれだけ多くの事業が継続しえず、忘れ去られてきたことであろう。特に特産品開発においてはそうした傾向が顕著である。本稿では、そうした継続し得なかった特産品開発を例としながら、特産品開発事業の継続性について考えてみたい。  
  ユビキタスコミュニティカレッジ     

 ここでは歴史と伝統に基づきながら、これからの新しい時代に対応した「学ぶ」「研究する」「活用する」場としての「ユビキタスコミュニティカレッジ」について述べることにします。

  ICT・ソフト産業の育成における大都市圏内立地と遠隔地立地      

 全国的には「1.ICT・ソフト産業の育成」に非常な期待がかかっています。
 特に既存の産業基盤のあまりない地域でICT・ソフト産業の育成を新しく始めるのにはICT情報通信技術のハード的なソーシャルキャピタル・社会基盤を整えればうまくいくのではないかという期待が大きいです。
 が、実際はどうでしょう。
  ポジティブアーカイブ − デジタルアーカイブ構想と地域づくり

 地域活性化や地域づくり事業にデジタルアーカイブの重要性が高まっています。ここでは、デジタルアーカイブの動向を概観しながら、事例によりデジタルアーカイブの新たな方向を考察します。  
  GISを力に − GISと地域づくり

 地域活性化や地域づくりでもGISの重要性が高まっています。また、GISがこれからの社会に与える影響が大きくなるでしょう。ここでは、各分野でのGISの動向を概観しながら、地域づくりでのGISの新たな方向を考察します。